あ、敏感肌でも使えるフェイス脱毛クリーム【知ってる?】

敏感肌でも使えるフェイス脱毛クリーム

私は、ずっと濃い顔の産毛に悩まされていました。それに加えて敏感肌なので、カミソリや毛抜きではすぐに赤くなったり荒れたりして中々上手く処理が出来ず、かといって処理しないわけにも行かず、日々産毛と肌荒れと戦いながら過ごしていました。

 

エステも検討したことがありましたが、せいぜい体験コースしか費用的に無理だったので続けて通うことが出来ず、やはりまた生えてくる毛に悩まされる生活でした。それでも、少しでも良い方法はないかとインターネットで調べたり、人から教えてもらうなど解決策を模索していたら、敏感肌でも使える脱毛クリームを見つけたのです。

 

今まで出会ったフェイス脱毛クリームとは、パックのようにして、剥がすときに粘着で毛が抜けるようなもので肌への刺激が強すぎました。しかし、今回見つけたのはスキンケアとしてそのクリームを塗ると徐々に毛が目立たなくなる、発育がしづらくなるようなものでした。

 

まさに「脱する毛の悩み」という意味での脱毛クリームです。天然由来の美容成分も配合されているので、敏感肌でも使える事やクチコミの評価も良かったので使ってみると、1週間ほどで毛の発育が遅くなったような感じがしました。

 

毎日処理していたのが週1くらいになったし、何より肌荒れもしない、むしろしっとり美肌になった感じです。このフェイス脱毛クリームを今後も使っていけばいつか産毛と完全にさよなら出来そうです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

悩みを解決してくれたフェイス脱毛クリーム

私は人と比べて顔の産毛が濃く、鼻の下に関しては髭のように見えてしまいコンプレックスになっていました。昔はからかわれることもあって、何とかしたいとカミソリで処理していたのですが、ある時に手が滑って肌を傷つけてしまい、以降は怖くなって使えなくなってしまったのです。

 

しかし髭のようだとからかわれたくない、オジサンだと思われたくないと、仕方がなく毛抜きで1本ずつ抜いていました。肌を切ることはありませんが、抜くというのは刺激が強く肌荒れを起こすようになってしまったのですが、やめると髭のように見えてしまい、それも嫌だと仕方がなく続けていました。

 

解決法が見つからず悩みを抱えていた時に、姉から間違って購入したというフェイス脱毛クリームをもらいました。半信半疑で使ってみたところ、産毛や髭が綺麗になくなってくれました。

 

おまけに肌荒れを起こさず、産毛が綺麗になくなるので顔色が明るく見える、化粧のノリも良くなるといいこと尽くめです。何よりも長く悩みだった鼻の下の髭のように濃い毛を処理できるのが嬉しく、以降はフェイス脱毛クリームを使い続けています。

 

しっかりと探せば自分に適したアイテムが見つかる可能性は高いので、悩みを解決できます。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

フェイス脱毛と顔の毛穴の関係

医療レーザーによるフェイス脱毛をすると、毛穴が目立たなくなるという声がよく聞かれます。たしかにそうなる理由は存在しますが、それは決して、フェイス脱毛によって毛穴がなくなったからではありません。

 

毛穴はそのまま存在し続け、何年か後に毛が生えてくることも時にはあります。目立たなくなるのは、顔の産毛の根元の黒ずみが解消されるからであると考えられています。産毛自体がなくなれば、根元も存在しなくなります。

 

また、産毛の根元にこびりついた汚れが酸化し、黒く見えていたものが、産毛が生えなくなったことで、なくなったためであるとも考えられています。産毛は細くて薄く、それ自体は目立ちませんが、根元の部分は黒ずむことが多いようです。

 

そのため、顔の皮膚がポツポツと黒い斑点状になることもあります。ファンデーションで隠すとしたら、かなりの厚化粧をしなければならなくなりますから、できればそうしたものは消したいところです。フェイス脱毛をすると、それがかなうことが多いとされます。

 

医療レーザーによるワキ脱毛は、価格も非常に下がり、試みる人が増えていますが、それで効果に満足すると、他の部位も脱毛したくなる傾向があるようです。フェイス脱毛を試みる人も、増えています。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

フェイス脱毛の効果って!?

フェイス脱毛は医療機関とエステサロンでは、一度で通った後の効果の出かたが少し違います。それは、レーザー照射と光照射の違いが効果として現れます。

 

フェイス脱毛を医療機関で施術した場合には、レーザー照射力はエステサロンより強いですので、1度ででる効果は大きいです。
ただ、エステサロンより高くなります。

 

逆に、フェイス脱毛をエステサロンで行った場合、レーザーより弱い効果の光で施術しますので、実感するまでに3回ぐらいかかるそうです。
今は、病院での医療レーザー脱毛も価格が下がった事で、かなり受ける女性が多くなってきました。

 

しかし、顔のレーザー脱毛に関しては、「ワキはした事あるけど顔は失敗しても隠せないから怖い・・・」、「顔のレーザー脱毛で万が一失敗して跡が残ったらどうしよう・・・」と言う不安から、あまり周り経験したことがないのが現状です。

 

しかも、顔の産毛だから、腕や脚の太い毛よりもすぐに出来ると思っている人もいますが、実は、産毛の方が難しいのです。

 

なぜなら、レーザーや光照射は、黒い毛根に反応しますので、産毛の小さな毛根に反応させるほうが、他の部位の毛より難易度が高くなりますよね。

 

フェイス脱毛は以前に比べるとかなり価格が下がっていますし、最近では万が一のトラブルに対してしっかりとケアしてくれる所がほとんどです。
しかも、医療機関での脱毛となると、皮膚科と同じなのでちゃんと処置もしてくれますし、薬の処方箋も出してくれます。

 

しかし実際に通うとなれば、絶対とは言い切れないので、そのメリットや効果、デメリットやリスクについては事前に知っておきたい所だと思います。
顔のレーザー脱毛に関して、まずは効果が出るまでの回数と顔脱毛をする事のメリットについて説明していきます。

 

レーザー脱毛(医療機関・クリニック)で受けるはだいたい2カ月に1回のペースで通い、1年間約6回程度の照射で完了する事が平均的です。
上述のように処置も病院と同じなので安心なところがメリットのあるところではないでしょうか?

 

エステサロンの脱毛では、効果が実感できるのが、3回目ぐらいからなので、通い始めて半年後になります。しかも、通う回数も約10〜15回程度と、レーザー脱毛よりも圧倒的に通う数が多くなります。

 

いずれにせよ、永久脱毛、半永久脱毛をした後は、自己処理が不要になりますので、手間が省けます。
忙しい女性にはぴったりですよね。しかも、お肌の毛穴が引き締まるそうですよ。

 

どちらを選ぶにせよ、メリットデメリット両方ありますので、自分が納得いく方を選んで決めてくださいね。

 

【PR】顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?【ノイスの通販】

更新履歴