ひげを剃っていると黒ずみが発生しやすい!?

ひげを剃っていると黒ずみが発生しやすい!?

頻繁にひげを剃っていると、少しずつ肌が黒ずんできます。とは言ってもひげ処理は定期的にする必要があるので、黒ずみを完全に防ぐことはできないでしょう。女性は肌が繊細ゆえに、より黒ずみが発生しやすく目立ちやすいのです。

 

シェービングを頻繁に行っていると乾燥するので、乾燥から肌が敏感になることもあります。肌がカサカサしてきたら敏感肌になる前兆と考えてよいでしょう。

 

女性のひげ対策としてはノイスクリームがおすすめです。

 

ノイスは肌を保湿しながら減毛する専用クリームで、口周りのムダ毛対策として最適です。黒ずみを放置しておくと肌が色素沈着を起こしてしまうので、早めに解消をしていきましょう。肌を元気にすることは美肌につながりますし、脱毛ダメージを抑えることにもなります。

 

ノイスを使用しても即座にムダ毛から解放されるわけではないので、継続的に処理を続けてください。しばらくはシェービングが必要になるでしょうが、頻度は減っていくでしょう。

 

これは抑毛作用が発現している証拠であり、大豆パワーやパパイン酵素によってムダ毛が抑えられているのです。ムダ毛が減少することで肌がツルツルになり、透明感が増すことで白く見えるようになるでしょう。

 

 

女性のヒゲはオス化が原因?

「アゴや鼻の下にヒゲが生えている」「加齢臭がする」「声が低くなる」「薄毛になる」などの男性的な特徴が表れる女性が増え、女性のオス化が深刻化しています。とりわけ、ヒゲは目で確認できるため、「どうにかしたい」と思っている人は少なくありません。

 

では、オス化とヒゲはどのような関係があるのでしょうか。これに関わっているのが、ホルモンの変化です。女性の社会進出は社会全体にとって良いことですが、激務の日々が続くと、交感神経が優位になり、男性ホルモンの分泌が促されます。

 

すると、知らず知らずのうちに、男性のような態度や言動が身についてしまうことがあります。また、加齢やストレス、不規則な生活は、ホルモンバランスを崩し、男性ホルモンを優位にさせてしまう場合もあります。

 

男性ホルモンのテストステロンは、体毛を濃くさせる作用があるため、オス化した女性の体毛が濃くなるのも、これが原因しています。この状態を改善するには、ホルモンバランスを正常な状態に戻すような対策が必要です。

 

それに加えて、ムダ毛ケアもきちんと行うようにしたいものです。最近は、顔のムダ毛ケアができるスキンケアクリームが販売されています。朝と晩の肌のお手入れ時にさっと塗るだけでケアできるので、仕事に追われる日々を過ごす女性にもおすすめです。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?